こんにちは。

 

税理士に「バッジ」があるなんて知らなくて、
それぐらい興味のないことでした。
もらっても、特別愛着が湧くわけでもなく・・・^^;
そのバッジと証票(運転免許証みたいなもの)の点検があります。
私は支部を異動した関係で、去年も点検がありました。
この点検、「ニセ税理士」対策のようです。

「必ずご出席下さいますよう」ですから、行かなくちゃダメなんですね。。。
それでですね、行くだけの私はまだ良いんですよ。
点検してくれるのも、同じ支部の税理士さんで、
点検する方は、長時間になります。

このシステム、どうなのかなぁと思うんですけれど、
では代替案があるかといえば、それもなくて。
そもそも「ニセ税理士」のことをあまり問題とも思っていないので、
対策する必要性が分からないんですね。

「資格」という制度を作り、
そこに旨味があれば「ニセモノ」は出てくるでしょう。
「ニセモノ」が登場することで、困るのはどなたでしょうか。
納税者ですか?
納税者を困らせることのない「ニセモノ」は、
問題ではないと思うのですが・・・。