こんにちは。

中小企業診断士試験の2次筆記試験になぜ合格できたのか、
運が良かった以外に言えること、
それは、専門学校の先生のおかげです。

2次試験対策は、今まで受講したことのない先生の講義を受講することにしました。
ご紹介頂いたのです。

直前の追込みにより1次試験に通った私は、知識が定着しておらず、
「◯◯のセオリー(理論)」と言われても、パッと出てきません。
とても熱心な先生で、
「ここまでやってくれるのだから、私も頑張りたい」
と思ったものの、あまりにも出来なすぎて・・・。
公開模試はE判定!(A〜E判定まであるようです)
この時点で開き直りましたね^^;

1次試験で免除をした財務会計は、他の問題に比べて取り組みやすかったため、
先生が「今年出る!」と予想した項目だけは
過去問にも目を通しました。
本試験は、先生の(分析に基づく)予想通り。
さすがですね。

それから、最終講義で先生が「出るかもしれない」とピックアップした理論5〜6個は、
当日の地下鉄&試験会場で頭に入れました。
そのうちの1つが本試験で出ました。

あとは毎回の答練の解説で、
「中小企業診断士の試験で問われていること」
を常に説明してくれたので、
「解答として何を書くべきか」は
(先生の解説を聞けば)何となく分かるようになりました。

正に、先生頼みのピンポイントに絞った受験勉強です。
ある意味、私は先生にかけました。
答練も、専門学校の模範解答は見ず、
先生が作成した解答だけを確認しています。
先生は過去問の分析を徹底的に行っていたんですね、
だから私は先生についていこうと決めたのです。
実際はレベルが高くてついていくことが出来ず、
また成績が悪すぎて先生の熱意に応えることも出来ませんでしたが、
その私を合格に導いてくれたのは、他でもない先生です。

模試がE判定でも、合格できること、ありますよ。