こんにちは。

現在私は、税理士としてお仕事をしています。
中小企業診断士試験に合格したことで、考えました、
今、私は「診断士」としてお仕事できる?と。
(実際には実務補習も受けていないため、診断士を名乗ることも出来ず、
これは気持ちの面で、という意味です)

答えはNoなんですね。

では、いつになったら胸を張って
「診断士」としてお仕事を引き受けられるようになるのでしょうか?

それを考える中で、自分の過去を振り返りました。
税理士もそうですが、
大学卒業後になった「英会話講師(生徒さんは小中学生)」、
私はいつから英会話講師だったのでしょう?

 

私は、英語圏に留学したこともなければ、
英会話スクールに通ったこともありませんでした。
児童教育についての知識も皆無です。
そんな状態で、3〜4日程度の研修を受け、
初日のレッスンのみ主任の先生が見学という形でついてくれましたが、
翌日からは1人でレッスンを行いました。

「お教室」はてんでんばらばらのため、
事務室などもありません。
会社が借りている「お教室」の鍵を持参し、
自分で開けて自分で締める、
何かあった時にその場で頼れる人は誰も居ないという状態でした。

正直に言えば、語学力にも不安があり、
つまり、不安だらけの中でのレッスンだったのです。
それでも、生徒さんたちが来てくれる中で、
「出来ません」なんて無責任なことは言えないと、日々もがきました。

そう、常に出来ない自分に苦しみつつも、
私は生徒さんの前に立ったら「英会話講師」であったのです。

少し極端な例かもしれませんが、
「いつか」ではなく、その状況になったら、
やるしかないのです。
そして、その状況は自分で作っていくべきです、できるだけ早く。

これは別に資格に限りません。何でもそうです。
ここでこう書いていますが、私だって臆病な面があるんですよ。
(見えませんか?苦笑)
自分を鼓舞するためにも、表明するようにしていますが、
やらなければ、いつまで経っても出来ないままです。

 

「やらない」言い訳探し、今日で終わりにしましょう!