こんにちは。

中小企業診断士2次試験の合格証書が送られてきました。

 

振り返って合格体験記を書いていこうと思います。

TACの口座にお申込をしたのが2014年6月。
「アプローチ講義+1・2次ストレート本科」という組合せで、
1次試験と2次試験の一発合格を目標とするクラスでした。

アプローチ講義は、半分以上がグループワークで、
過去問を題材にディスカッションをします。

当時の気持ちを書いた記事です。
2014-06-21 切羽詰まらせる!
2014-06-28 落ちこぼれです、今は。
2014-07-26 女性起業家。

楽しそうですね(笑)
実際、楽しかったけれど、今だから言えますが
情けなくなった時も多々ありました。
まず、皆さんの会話に出てくる「言葉」が分かりません。
カタカナのみならず、漢字の言葉も、日本語なのに意味が分からず
最初はお尋ねしていましたが、
あまりにも分からなすぎて、休憩時間にトイレの中でスマホで調べました。
基本的なことも知らない自分が恥ずかしくて・・・。

(最近、「恥ずかしくて聞けない」という声を耳にしますが、
そのお気持ち、よく分かります。笑
税金のことで分からないことがありましたら、
何度でも聞いてくださいね!!)

そんな状態であっという間に終わったアプローチ講義。
周りの優秀な方がキラキラして見え、
しかもみなさん、ものすごく優しくてお話しも面白く、
自分も同じようになりたい!と思った2ヶ月でした。

つづく