こんにちは。

税金を期限までに納めなかった場合、
元々の税金に延滞税をプラスして納めることになります。

社会保険料を期限までに納めなかった場合、
元々の社会保険料に延滞金をプラスして納めることになります。

どちらも、期限までに納めた方とのバランスを保つため
その間の利息分であり、ペナルティですね。

ところが、この2つ、
法人税においては、取扱いが異なります。

税金を期限までに納めなかった場合の延滞税は、
法人税を計算する上で、
経費(損金)として認められません

一方、社会保険料を期限までに納めなかった場合の延滞金
経費(損金)として認められます

法人税法上
「次のものは経費(損金)としない」として、
・国税に係る〜
・地方税法の規定による〜
と税金関係の延滞税などは経費(損金)にしない、
と規定しているんですね。(法人税法第55条)
社会保険料に関しては、どこにも規定されていないため、
経費(損金)として認められることになります。

どうしてこのように異なる取り扱いになったのでしょうか?
理由は分かりませんでした。

いくら経費(損金)になるといっても、
わざわざ社会保険料の延滞金を払うようにするのは、
私は反対です。
なぜなら、延滞金の分、
お金が余計に出て行くことになりますからね。