こんにちは。

昨日に引き続き、
本日も個人の所得税の計算方法と確定申告書の書き方について、
講師としてお話をしてきました。

さて、配偶者控除や扶養控除は、
年齢によって控除できる金額が異なります。

では、その年齢、いつ時点での年齢を指しているのでしょうか。
例えば、H27年分の確定申告書を作成する場合、
次のどの時点での年齢でしょう?
①H27.1.1
②H27.12.31
③H28.1.1

 

答え:②H27.12.31です。

 

続いて、例えば配偶者控除の場合、
年齢とはどなたの年齢でしょう?
①配偶者の年齢
②確定申告書を提出する本人の年齢

 

答え:①配偶者の年齢です。

ここで読んでいると「ふむふむ」と思うだけかもしれません。
ところが、実際自分で確定申告書を作成しようとすると、
「あら?どうだったかしら??」と思うことってあるんですよね。

年齢は12月31日の年齢です。
そして、自分の年齢ではないですからね!

 

【配偶者控除】
・〜69才  :38万円
・70才〜  :48万円

【扶養控除】
・16才〜  :38万円
・19才〜22才:63万円
・70才〜  :48万円 or 58万円

 

参考:タックスアンサー
No.1191 配偶者控除
No.1180 扶養控除