こんにちは。

今日は個人の確定申告に向けて
「確定申告書の記入方法」についての講師を務めてきました。

今日お話した中で御存知でない方が多かった事項、
それは医療費控除を計算する場合における保険金です。

例えば、
・通院費 30万円
・入院費 50万円
・入院に対する保険金 58万円

この場合、医療費控除の対象になる金額は、
次のどちらでしょう?
①30万円+50万円△58万円=22万円
②30万円+50万円△50万円=30万円

 

答えは
②30万円+50万円△50万円=30万円
です。

保険金は入院したからもらえたんですよね。
通院したからもらえた訳ではありません。
ですから、医療費控除を計算する時は、
入院費と対応する分だけマイナスすればO.K.です!

 

参考;
タックスアンサー
No.1120 医療費を支払ったとき(医療費控除)
には次のように書いてあります

保険金などで補てんされる金額は、
その給付の目的となった医療費の金額を限度として差し引きますので、
引ききれない金額が生じた場合であっても他の医療費からは差し引きません