こんにちは。

今日は中国事情のご紹介です。

よく日本人は「あいまい」と言われます。
「日本人は何を考えているのか分からない」という言葉も、
外国の方から何度か聞いたことがあります。
では、中国人はどうなのかというと、
日本人である私の感覚からすれば、直接的な表現が多いです。
ただし、常に直接的であるかというと、そうでもないんですよね。
そして人にもよります。

例えば、私が受講している中国語の先生は、
私が発音を間違えたとき
「今読んだ中に”小さな”間違いがありました。それは〜」
と言って間違いを指摘してくれます。
実際には、発音は合っているか合っていないか、の2つしかありません。
それでも先生が”小さな”間違い、との表現を使うのは、
私を気遣っての言葉です。

そう、「気遣い」は国を問わずなんです。
「どこで/どこに気を遣うか」は文化や習慣によっても異なりますが、
「気遣い」はあるんですよね。
それを踏まえずストレートに表現してしまうと、
びっくりされる可能性があります。
「そうは言っても、外国語で婉曲表現は難しい・・・」
という時は、笑顔を添えるだけで随分印象が変わります。

日本語を離れても、相手に対する「気遣い」は忘れないでくださいね!