こんにちは。

今日は中国事情のご紹介です。

現在中国において11月11日は「お買い物の日(?)」となっています。
元々「1」が並ぶことで、独身者にかけて、
11月11日は独身者をお祝いする日でした。
いつ「お買い物の日」に変わったかというと、2009年からです。
アリババが商戦を仕掛けたんですね。
この日、ネットショップは大規模なセールを行うそうです。
2015年11月11日、この一日の売上高は912億元(約1兆8千億円)、
2009年に比べると1,000倍以上ですって!

購買意欲が特に旺盛なのは若者です。
この「双十一(2つの11)」に大量のお買い物をするとか。
「日本にはないの?」と聞かれましたが、
ソフトバンクが「いい買い物の日」として展開し始めていますね。

ハロウィンも日本に随分定着してきました。
「双十一」「いい買い物の日」も、
近い将来、もしかすると日本で当たり前の光景になるかもしれません。

 

・・・你买了吗??

 

※「912億円」は中国新闻网より

中国、激安ネット商戦は活況 11月11日は「独身の日」
大陆电商搅动两岸三地 双11购物狂潮席卷港台