こんにちは。

ワーキングホリデーで日本に滞在中の方を雇用した場合、
社会保険や源泉所得税はどうなるのでしょう?
まとめてみました。

 対象 :◯
対象外:×
労災保険  ◯
雇用保険  ×
  来日の目的が休暇のため
健康保険  ◯※1
厚生年金  ◯※1※2
源泉所得税  税率20.42%※3

※1.協会けんぽで調べました。
その他の組合などについては分かりません。
また、時間の要件である3/4以上などは、居住者と同じになります。

※2.
すぐに帰国してしまうのに、厚生年金も加入しますが、
払った厚生年金保険料を返してもらえる制度があります。
短期在留外国人の脱退一時金」です。

※3.
(1)納期限:翌月10日(納期の特例は使えません)
(2)年末調整:対象とならない(非居住者のため)
(3)本人の確定申告:日本ではできません。(源泉分離課税のため)
続きはこちらです