こんにちは。

この半年ぐらいか、1年ぐらいか、
定かではないのですが、
節税だけに一生懸命になることに疑問を抱いていました。

節税策って、お金が出て行っちゃうことが多いんですよね。
よく言われていることですから、
ご存じの方も多いでしょう。

税金を払わないようにするためにお金を使った結果、
手元のお金が減ってしまい、
お金のやりくりが大変になってしまった、
そんな例を見てきました。
それでも、税理士として、
また、職員時代も税理士事務所の職員として、
節税策に力を入れてこそ価値がある、とどこか思っていた節があります。

でもね、節税のためにお金を使うってやっぱり本末転倒。
お金がなかったら、ビジネスは回らなくなりますよね。
私、税理士ですが「節税、節税!」と言うの、やめます。
なぜなら、私の想いは、
お客様が志を持って始めたビジネスを、潰してしまうことではありません。
お一人お一人が思い描く状況になるよう、サポートすることだからです。

“節税”にとらわれて、余分なお金、使っていませんか?