こんにちは。

御自身の会社、事業の「貸借対照表」、ご覧になったことはありますか?
貸借対照表って、利益に直接関係しているわけではないため、
ご覧にならない方は多いかもしれません。
でもね、とっても大事なんですよ。

イメージでは、次のようになります。

前期の貸借対照表

当期の損益計算書

当期の貸借対照表

つまり、当期の損益は、
前期の貸借対照表の残高と
当期の貸借対照表の残高との差額になります。
ですから、貸借対照表の残高がビシっと決まれば、
当期の損益も自然と決まる、という訳です。

貸借対照表の残高は、御自身で説明できるのが「当たり前」です。
説明できるとはどういうことかというと、
内容が分かっている、ということです。
例えば、貸借対照表に「◯◯銀行:100万円」と記載されていたら、
◯◯銀行の残高は、貸借対照表を作成した時点で、
100万円あるということを意味します。
20万円しかないのに100万円とは書きませんよね?

御自身の会社の貸借対照表、一度ご覧になってください。
1つ1つ、内容が分かっているか、確認してくださいね!!