こんにちは。

今日は多方面でご活躍の菊池峰子さん(以前福島でアナウンサーをなさっていたそうです)よりお声掛けをいただき、
目黒サレジオ教会のチャリティーコンサートに行ってきました。

IMG_1542

コンサートの最初に、
菊池さんによる聖人ドン・ボスコ(サレジオ会創立者)の生涯についての語りがあったのですが、
その時間約5分、
台本もない中での情緒豊かな語りに、プロフェッショナルな”お仕事”を感じました。

前回菊池さんとお会いした際、
「(今回とは別のことで)台詞覚えなくてはならないの」とにっこり笑いながらお話してくださったんですよね。
私はその時「そうなんですか・・・」と想像がつかなかったんです。
今日間近で菊池さんの語りを見て、
どれほど覚えるのが大変だったか、どれほど練習なさったか
それこそ想像つきませんが、心震える想いを抱きました。

他の方々の歌や演奏も素晴らしかったです。
そう、今まで私は「素晴らしい」と感動していただけでした。
人が感動するって、並大抵のことだけでは、感動にまで至らないんですよね。

私はお仕事に対して、真摯に取り組んできたつもりです。
ただ「感動」ということは全く考えもしませんでした。
私のお仕事はサービス業なのに、どこか他人事だった気がします。

 

皆さまのお仕事で、お客様は感動なさっていますか???