こんにちは。

A.消費税の簡易課税の事業区分
「加工賃」は第何種事業になるでしょう?

 

 

Q.第4種になる場合と、第5種になる場合とがあります。

第4種になるのは、
1)その企業が行っている事業を分類すると、製造業等(第3種)という括りに入る
2)製造業等(第3種)ではあるけれど、加工サービスも行っている
という場合の加工賃です。

もし
1)その企業が行っている事業を分類すると、サービス業(第5種)という括りに入る
2)サービス業(第5種)の一部で、加工サービスも行っている
という状態であれば、第5種になります。

つまり「加工賃」というキーワードだけでは判別できません。
まずは第一段階で、どの事業分類に入るのかを判定し、
その上で、製造業等の加工賃ならば第4種
サービス業等の加工賃ならば第5種
となります。

加工賃を区分するときは、2段階に分けて考えてくださいね!

 

参考;
加工賃その他これに類する料金を対価とする役務の提供を行う事業