こんにちは。

今日は税務署で行われた決算法人説明会で、1時間お話をしてきました。

せっかくお時間割いてお越しくださるのですから、
「来て良かった」と思ってもらいたいじゃないですか。
ですから、考える訳ですよ「どういう風にお話しようか」と。
私は、頭のなかでシミュレーションするだけではなく、
実際に声に出しても練習します。

本番では、様子を見ながら、
お客様の興味がありそうなところは掘り下げて説明したり、
逆にあまり興味の無さそうな箇所は、サッと切上げたりしました。

こういうことをしますと、難しいのが時間です。
最後の方で調整することにしていますが、
この辺りはもう少し訓練が必要ですね。

今日はラッキーなことに、
帰りのバスで私のお話を聞いてくださった方と一緒になりました。
「◯◯について聞きたい」「あの場の雰囲気だと質問しにくい」
など生の声を聞かせてもらえました。貴重な御意見です。
そう、自分では良いと思っても、それを判断するのはお客様、
ですから、お客様の声はとても大事です。
それは次に活かせますからね!

直接聞けなくても、お客様の反応は一つのサインです、
独りよがりにならないようにしたいですね!!