こんにちは。

私の母、「バーゲン」とか「大安売り」という言葉が好きです。
物事、お値段だけではないでしょう、と思いますが(苦笑)
彼女にとっては、価格が重要のようです。

私が中学生の頃、それまで私のお勉強に口出しをしてこなかった母が
急に「塾に行った方が良いと思って。」と言い出しました。
その塾、基本的に自習だったんですよね。
ご夫婦で先生をしていて、質問すれば答えてくれる、というスタイル。
要するに、お勉強する場所の提供ですね。
それはそれで一つの良い形だと思います。
が、自習する教材も学校の教材で、当時の私にはつまらなく、辞めたいと言ったらアッサリ辞めさせてくれました。
「○○さん(近所の方)が中学生だから塾に行った方が良いって言ってね。
安い塾を教えてくれたから良いかなぁと思ったんだけど」

その言葉にビックリしました。
「私、安いというだけでわざわざ遠くの塾に通っていたの???」と。

高ければ良い、という訳ではありませんが、
安さだけで決めるのも、どうでしょう(^^;
あまりにも安いというのは、そこに必ず何らかの要因がありますよ。