こんにちは。

起業するにあたって、会社(法人)にするのか、個人事業にするのか、
決める必要があります。
まずは個人事業で起業し、その後会社を設立する、という方法もありますね。

今日は個人事業として起業する際、やっておいた方が良いことをお伝えします。
それは「事業用の」
・銀行口座
・クレジットカード
を作ることです。

生活費と一緒の場合、経理をメンドウなものにしてしまうんですよ。
なぜなら、例えば生活費と事業用のクレジットカードが1枚の場合、
明細を見ながら
・こちらは生活に必要なもの
・こちらは事業に必要なもの
と1つずつ分けなくてはなりません。
それだけで手間がかかりますよね。
そして、この手間は、かけても特に良いことはありません。
それでしたら、省いた方が良いでしょう。

 

ということで、個人事業での起業を決めたら、
早目に事業用の銀行口座、クレジットカードを作ってくださいね。

 

 

※会社の場合、会社名義で作ることになります。
個人の場合、事業用と生活用が混ざっている方も見受けられるため、
できるだけ早く事業用を作りましょう、という趣旨で書きました。
個人の場合は「起業前」でも出来ますから、
起業を決意しましたら早いうちから準備することが可能です。