こんにちは。

私は、歯医者さんは大学病院に通っています。
先日都内の病院に初めて行ったところ、
お会計は「自動精算機」でした。

今まで、診察が終わってからお会計だけで1時間近く待つこともあり、
自動精算機になってくれたら・・・と思っていたので、
ちょっぴり嬉しかったです。
あ、全く待たない訳ではなく、診察後にカルテを出して15分〜20分ぐらいでしょうか。
きっとそのうち、電子カルテになって、
診察が終わったと同時に自動精算できるようになるでしょうね。

技術の進歩を実際に体験し、嬉しく思うと同時に
お仕事の在り方を考えさせられます。
自動精算機導入により、お会計担当というニーズがなくなりました。
これが現実です。
自動精算機の導入は、できれば避けて欲しい方もいるでしょう。

税理士にとっての脅威は何でしょう。
皆様のお仕事における脅威は何ですか?
もしかすると、それは、脅威ではなく
チャンスかもしれませんね!