こんにちは。

法人税の申告書を作っていて思いました、
私は今まで「法人税の申告書は、来年も税理士事務所が作成する」ことを前提に作っていた、と。

法人税の申告書作成、簡単ですか?難しいですか??
私は難しいと思っていました。

法人税の申告書は「別表」と呼ばれていて、何枚か作成することになります。
必ず作成しなくてはいけないもののほか、優遇を受けるときには作成が必要だったり、
と、どの会社も一律という訳ではありません。
まずは、これが混乱の元でしょう。

そして申告書(別表)の中には来年にも続く項目があります。
そういう項目、税理士や税理士事務所の職員が見れば「なるほどね」と分かるものですが、
慣れない方がご覧になったらいかがでしょう?

そんなことを思いつつ、来期、もし御自身で申告書を作成するのであれば、
今期どのように処理&記載すれば分かりやすいのか、考えていました。
(具体的には中間納付した還付金です)

税理士は税務の専門家です。
全部お願いする、というのも、もちろん良いでしょう。
でも、もしかするとお客様はもっと詳しく知りたいと思っているかもしれません。
次回は自分で作成したいと思っているかもしれません。
だって、自分の会社のこと、興味ありますよね?
そういう方向けに、分かりやすい処理をご提案し、分かりやすくご説明する、
これは意識しないと出来るようにならないでしょうね。

決算法人説明会(税務署主催でしょうか?)も担当させてもらえることになりました。
自分でできることと、他の方にお伝えすることは違います。
本番まで時間があるので、台本を作って(一人でこっそり)練習です。笑