こんにちは。

ものすごくくだらないことですが、
3分間、3分間だけで良いから「中国語がとっても出来る」ように見せたい方、
とにかく発音を徹底的に練習してください!

今更分かったのですが、
私は中国の「初対面」の方から、中国語を褒められることが多いです。
自分の中のレベル感と、他者からの評価が一致しておらず、
ずーっと「過分にお褒めの言葉を頂いている」と思っていました。

ところが、上手かどうかの判断には「発音」が大いに関わっているようなんですね。
確かに私は、発音には相当注意を払っています。
私の留学したところは長江より南側で、皆さんその土地の方言を使っていました。
ですから余計に、先生が熱心に標準語の発音を教えてくれたのです。
といっても、”n”と”ng”の区別は出来ません・・・。
(日本語で「案内」というときと「案外」というときも、
「ん」の音は違うらしいですよ。)

さて、現在実際のレベルも上げるべく日々中国語と格闘していますが、
3分間だけでおしまいになるのなら、とにかく発音です!

非常に稀なケースなので、ほとんど参考にならないお話ですね。。。