こんにちは。

昨日の中国語オンラインレッスンは、
初めての先生でした。

中国語オンラインスクールは
「中国語が分からなくても大丈夫」ということをセールスポイントにしているところが多く、
日本語専攻の大学生講師が結構います。
昨日の先生もそうでした。

自己紹介の後、教材を使ってのレッスンに入ろうとしたところ、
「そこに書いてある日本語を中国語に訳してください」と言われました。

日本人向けの教材で、その課の説明が日本語で書かれています。
たった3文だけ。。。

最初の2文は訳せました。
しかし、最後の1文の日本語表現を、中国語で何と言ったら良いか分からず、苦労しました。
先生からは
「意味は分かりますが・・・。」とのお言葉。

英語の通訳さんから、
「通訳の学校では、時事ニュースをその場で日本語に訳したり英語に訳したり、
そういう訓練をするのよ」と教えてもらったことがあります。

そう、訓練なんでしょうね。

「いつもと違う先生」からは「いつもと違う視点」が得られたりします。
「いつもと違う税理士」も面白いのでは、と個人的には思っています。