こんにちは。

Google AdSense(広告収入)の消費税についてお尋ねがありました。
この記事は解決したものではないため、「答え」をお探しの方はゴメンナサイ。

H27年度の税制改正において「電気通信利用役務の提供」が定められ、
内外判定につき、改正がありました。
これにより、Google AdWards(広告費用)は消費税の課税対象となりました。

ここまでは、あちらこちらで目にしています。
では、Google AdSense(広告収入)の消費税の取扱いはどうなるのでしょう??

早速、「消費税の課税対象となるかどうか」の検討です。
次の[1]〜[4]のうち、1つでも当てはまらないものがあれば
「課税対象ではない」となります。

[1]国内において行うものである
[2]事業者が事業として行うものである
[3]対価を得て行うものである
[4]資産の譲渡、資産の貸付け、役務の提供である

さて、[1]国内において〜(内外判定)にかかる改正につき、
条文を見ると次のように書かれています。

消費税法第4条第3項第3号
電気通信利用役務の提供である場合
当該電気通信利用役務の提供を受ける者の住所若しくは居所または本店若しくは主たる事務所の所在地

私の疑問点は2つ
1) Google AdSense(広告収入)の内外判定の根拠は、上記条文で良いか
2) 1)で良いならば、役務提供を受ける者(Google)の住所は国外となり、Google AdSense(広告収入)は消費税の課税対象外となるのか
です。

このところずっと考えていて、同じところをグルグル回っているような状態です。
もしかしたら大事な部分についての検討が抜けているかもしれません。
何か分かりましたら、またアップしたいと思います。

 

追記しました。
GOOGLE ADSENSE(広告収入)の消費税2