こんにちは。
税理士試験の科目選択についてお尋ねがあったので、
こちらにも書いておきます。

私は法人税、消費税、所得税で合格しています。
自分の経験を踏まえると、オススメの科目は
消費税、法人税、相続税、所得税
とお答えしました。
実務に直結する、という意味で。

とはいえ、資格って取らないと何も始まらないんですよね。
ですから、合格し易い科目を狙う、
というのは絶対に必要だと思います。

私は企業内税理士を目指していたので
(今となっては???です。笑)
法人税と消費税の受験は決めていました。
残りの科目は何でも良いと思い、
当時自宅近くの校舎で開講されていた生の講義が確か相続税と固定資産税だったので(法人税、消費税を除く)
ボリュームが少ないと言われる固定資産税を受講しました。
でも、3科目はキツくて、5月か6月ぐらいで固定資産税はやめました。
まぁ、最後まで頑張っても私は合格しなかったでしょう。
なぜなら固定資産税は精度が問われる科目ですから。

私、極度の緊張の中、
ケアレスミスをしなかったことが一度もないんです(苦笑)
ですから、1問ぐらいミスをしてもどうにかなる、分母が大きい科目を選びました。
最後に所得税を選んだのは、他にもいろいろ理由がありましたが。笑

それから大学院について、私は賛成です。
自分が大学院に行ったことがないため、税理士試験との比較はできません。
単に、制度として大学院というものがあるのだから
上手に使うのも良いのでは、という考えです。

資格取得って、通過点に過ぎないんですよね。。。