こんにちは。


先日、地下鉄に若い男性が大きな荷物を持って乗ってこようとしました。
その際、ドアの所にキャスターが引っ掛かり、ガタガタッと大きい音が鳴りました。
その音で、近くに座っていた別の男性がサッと立ち上がり、荷物を入れるのを手伝いました。

私は「大丈夫かな?」と思っただけ・・・。


思うことと、実際に行動に移すことは違います。
小さなことでも、行動にしていくことの積み重ねは大きいでしょう。

旅先では、旅人同士の助け合いはよくあります。
私も旅に出ている間は、普段より体が動くんです。
それなのに、日常に戻ると、どうして躊躇するのでしょう?
自分でも分かりません。
ただ、意識しないとこのままです。
「思った」なら行動!ですよね。