こんにちは。


私は以前、公営住宅に住んでいました。
公営住宅の大きな特徴は、家賃が安いことです。
安い家賃に助かっている方も多いでしょうが、
自分の経験を踏まえると、
事情がない限り、長く住まない方が良いです。

なぜかというと、安い家賃はドラッグのようなのです。
当初、生活が逼迫していたので、少しの間と思って住み始めました。
それなのに、結局長いこと住んでしまったんですよね。

安い家賃は税金が投入されているから可能なんです。
長く住んだのは、ご近所さんが良い方で、
住み心地が良かった、
動くのがメンドウになってしまった、
など、家賃以外にも要因はありました。
でも、やっぱり安さは魅力だったと思います。

「もう動けない」公営住宅に住む方からそんな声を聞く度に、
私は怖くなりました。


今離れてみて、通常の家賃は高くてお支払いは楽ではありません。
だけど、これが普通なんです。
精神的には自由になれた気がして、スッキリしています。