こんにちは。


「夏休み、チベットへ行くんだけど、Junkoも一緒に行かない?」
中国留学当時、私が住んでいた宿舎の上階に住んでいたイギリス人の英語教師から、旅のお誘いを受けました。
メンバーは、彼女とドイツ人男性と私の3人。

その時の待ち合わせが、
・7/12〜7/14、遅くても7/15までに成都の◯◯飯店に来る
・着いたら掲示板にメッセージを残す
みたいな感じでした。

イギリス人女性は私より2週間ぐらい早く夏休みに入ったため、
一足先に南方面へ旅に出て、南から成都を目指すとのことでした。
ドイツ人男性は、中国の北部に住んでいたので、
北から。
私は東から船で長江を上り、3泊4日ぐらいかけてまずは重慶を目指しました。


結局、ドイツ人男性が待ち合わせ期間の初日に到着し、
私が2日目、
イギリス人女性は4日目に着き、無事成都で合流しました。

イギリス人女性は、電車かバスか忘れましたが、
アクシデント?があり、大幅に遅れたとのこと。
当時の中国ではよくあるケースで、そういう事態を見込んで、待ち合わせに余裕を持たせたのです。

待ち合わせに3〜4日という期間がある、
携帯も持たなかった時代(1997年)のお話です。
こんなにアバウトな待ち合わせでも、何とかなりました。
私の「何とかなる精神」の基礎は、中国で築かれたんでしょうね。