こんにちは。

派遣社員というものをやり、ちょっとだけ「社員」さんに近い状態になって、勉強時間がどれだけ確保出来るのか試してみました。

1日は24時間。
通勤:片道1時間15分×2=2時間30分
勤務時間:8時間30分(残業含む)
お昼休み:1時間

この段階で既に12時間であり、1日の半分を使っています。
しかも私が欲しい睡眠時間は9時間〜10時間。

残りの時間は2〜3時間となり、
ここで家事をしたり、ご飯を食べて、お風呂に入って・・・となると、
机に向かってお勉強、というのは無理ですね。苦笑

このような場合
⑴思い切った改革
⑵ちょっとした工夫
の両方から攻めることが必要でしょう。

⑴思い切った改革は、
例えば、
・通勤時間を短縮すべく、勤務場所の近くにお引越しする、自宅付近に転職する、自宅でお仕事をする
・残業をやめる
・規定の勤務時間が7時間の所に転職する
などです。

⑵ちょっとした工夫は、
例えば、
・お昼休みは、30分で食事+歯磨き、残りの30分はお勉強
・混雑が多少緩和した電車内で、スマホでお勉強
(同じ時間帯でも行き先により混雑具合が変わる事が判明しました!)
・ワイヤレス・イヤホンを使用
(家事や歯磨きの時など、「耳」だけは使えるという状況、結構多いです。)
などです。

それから、お仕事ですけど、
勤務時間って1日に占める時間として、かなり長いですよね。
この時間が未来を左右する、といっても過言ではないと私は思います。
「受験勉強」という視点から見ると、勤務時間中のことが試験に直結するのは、おそらく多くはないでしょう。
でも、試験に合格しただけでは、何もできませんよ。
税理士試験に合格した私が言うのですから、これ、ホントです。笑
勤務していることで学べることはたくさんあります。