こんにちは。

今日は「扶養(配偶者控除)」のお話をします。
所得税、住民税を計算する上での「扶養」についてです。
社会保険の「扶養」とは異なりますので、ご注意くださいね。

夫A:サラリーマン
妻B:マンション1室所有(家賃収入あり)

この場合、次のどちらでしょうか?
(1)妻Bさんは夫Aさんの扶養に入れる
(2)妻Bさんは夫Aさんの扶養に入れない

答えは、
(1)のケースと(2)のケース、
両方ともあります。
分かれ目は、
妻Bさんの所得金額は38万円以下?
それとも、38万円超??

という38万円のラインにあります。

では、具体的に見ていきましょう。
妻Bさんが所有しているマンションはとっても素敵なマンション!
毎月のお家賃として、30万円もらっています。
そうしますと、年間360万円(=30万円×12ヶ月)の家賃収入になりますね。
この360万円の家賃収入から、
不動産屋さんにお支払いした手数料、固定資産税、減価償却費などを差引いたら、
利益は100万円になりました。
この利益100万円が所得金額100万円ということになります。
よって今回のケースでは、
所得金額が100万円で38万円を超えているため、
妻Bさんは夫Aさんの扶養に入れません。

別のケースとして、
マンションのあちらこちらが傷んでいたため修理をしました。
修理代も差引いた利益は30万円、
この場合は所得金額30万円、つまり38万円以下ですから、
妻Bさんは夫Aさんの扶養に入れます。

「えーっ!今になって扶養に入れるなんて言われても、
年末調整の書類、もう会社に出しちゃったよーーっ!!」
と思われた夫Aさん、心配ご無用です。

方法は2つ;
(1)会社の担当者さんに次の2点をお伝えする
①H26年分:妻Bの所得金額は30万円
②H27年以降:妻Bの所得金額は38万円超の見込み
→間に合えば、年末調整で処理してもらえます。
(2)夫AさんのH26年分の確定申告をする
→(1)が間に合わなかった場合です。

「妻Bはたっぷり稼いでいるから、扶養なんて関係ない〜」
と思っている夫Aさん、
「私には家賃収入があるから、扶養には入れないわ〜」
と思っている妻Bさん、
もしかして扶養に入れるかもしれませんよ!

 

※分かり易くするため、簡便的に記載しております。
 

你的配偶有所得,也有时候可以用配偶扣除。