こんにちは。

車の買い換えで、今までの車を下取りに出した場合、消費税はどう考えるのでしょう?

この場合、2つの取引に分けて考えます。
1)下取り=車を売った
2)車を買った

1)下取り=車を売った
例えば、下取り価格が40万円の場合、
40万円で車を売った、となります。
ですから、消費税の課税売上高に計上する金額は40万円です。
簡単ですね!
ところが、この車について、簿価がいくら、売却益(損)がいくら、
という計算をしていくと、
あら?消費税は???と混乱しがちです。
でも、ここは原点に戻ってください。
40万円で売っているので、課税売上高は40万円です!

2)車を買った
こちらは、次の2つに分けるだけです。
①課税仕入になるもの
②課税仕入にならないもの
明細書の金額を、それぞれ課税仕入になる?ならない?
と判定していけばO.K.です。

 

ということで、下取り価格の消費税が間違いやすいため、
もう一度おさらい、
消費税の課税売上高に計上する金額は、下取り価格です!

 

汽车以旧换新时,消费税的课税销售额是旧物的价格。