こんにちは。

みなさん、どこかの会社や事務所で働いていますか?
自分一人ではない場合、自分が担当するお仕事って決まっていますよね。
もちろん、臨機応変に変わる場合もあるでしょうが、

・◯◯はAさん
・△△はBさん

となっているでしょう。
そして、この場合、Aさんは◯◯についてよ〜く知っています。

こちら「専門化の原則」といいます。
でも、当たり前ですが、これは「組織」でのお話。
一人で事業をする場合「自分の担当じゃないも〜ん」なんて言っていたら
お仕事は回りません。
ですから、全部自分でやる方もいるでしょう。
どなたかにお願いしてやってもらう(=アウトソーシング)こともあるでしょう。
いずれにしても、決めるのは自分です。

ということで、もしかしてもしかして、将来的に独立するかも!?
と少しでも思っている方、
今のうちに、現在の自分のいる会社や事務所がどうやって回っているのか
見ておきましょう!
その中で、「この部分、何となくうまくいっていない気がする・・・」
と思うことがあったら、改善策を探して、提案してみましょう!
万一、その意見が採用されなくても、それは自分の血となり肉となります。
そういう「贅肉」は、多くて困ることってないですよ!

 

参考;
組織構造の設計原理
1.専門化の原則
2.権限責任一致の原則
3.統制範囲の原則
4.命令統一性の原則
5.例外の原則

 

“自己做生意”是“自己决定所有的事儿”。