こんにちは。

先日コメントを頂いた際、独立当初である現在の負の面を全部書き出してみようと思ったのですが、
自分がまだ安定していないため、マイナスのことを書いていくとそちらに引っ張られてしまいそうなので、
ごめんなさい、いつかお話しできる時が来たら書くかもしれません、ということにさせてください。

独立してみて分かったことは、出来ないことだらけ、ということです。
働いていた時は、「どうして別の方法にしないのかしら〜?」と思ったりしていたんですよ。
具体的に言うと、例えば「手書き」です。
そういえば発端は、大学卒業後(約15年前。笑)の勤務先だったかもしれません。
「月次報告書(?)」が手書きだったんですね。
10枚以上書かなければならなかったので「Wordで提出しても良いですか?」と聞いたらびっくりされて、
私の方は、びっくりされたことにびっくりしたんです。
その後、いくつかの職場で働かせてもらっていますが、「!?」と思うことがちょこちょこありました。
ですから、出来そうなことは随時提案し、有難いことに結構私の案を採用してもらってはいたものの、
それでも、自分の中では思うように動けていない感覚がありました。

ところが、独立して自由に動けるようになったのに、出来ないんですよ!
思うように動けなかったのは、環境だけではなく、私の能力が低過ぎました。
皆さんがやっていたので、もっと簡単に出来ると思い込んでいたもの、そういうものが全然出来ません。
例えば先日、こちらのブログをFacebookに連携しようと思ったのですが、
どうしても連携されないのです。
試行錯誤しつつ何度も連投したことで、迷惑もかけてしまいました。
そんなこと出来なくても良いのでは?と思いますか??

今になって気付いたのは、おそらく私の今までの職場のトップも、お客様たちも、
何とかしたい、と思いつつ、
どこから手をつけて良いかの分からず、またその方法も分からず、
だけど目の前のことが忙しくなってしまい、どうにも動けなくなってしまった、
おそらくこんな感じだったのでしょう。
少人数でやっていると、変えなくても従来と同じ方法で回していくことはできます。
ただ、時代の流れは早いので、その差は開くばかり。

 

今の私、相当カッコ悪いですよ。「また失敗・・・」の連続ですもの。
でも、自分にとってはラストチャンスだと思っていて、
劣等感をバネに、今日よりも明日、明日よりも明後日、
出来ることを増やしていきたい、そんな思いです。
そしてこの経験が、どなたかのお役に立てれば、と思っています。

 

ベンチャー企業や大企業で働いてみたいですね・・・。

 

离自己的国家,在日本做生意,上班,上学,
天天想什么呢?